-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-05-30 00:35 | カテゴリ:宝石
20060530003331

業者のお客さんからダイヤモンドの商談をいただいていた。

1.6ctのEカラー、VVS1でカットはVG。

ちょうど1ctと2ctの間くらいの石だから、なかなか見つからなかった。

電話が鳴り続ける。

あきらめかえていたその時、一本の幸運な電話があった。

なんと、石が見つかった。

『値段はいくらですか?』

『○△□/ct』

なかなかグッドプライスだ!

『とりあえず、石はおさえたから!1本商談が終わったあとに商談予約出来るから!』

『その商談のあとに予約いれておいたから!』

うーん、なんと幸運!

すぐに業者さんへ電話した。

『石みつかりましたよ。日本になかなかなかった石がありましたよ。』

『じゃあ石をすぐにおさえてほしい!』

『O.K.です。今日の午後に先に商談一本ありますから、その後になりますけど・・・』

『その後になりますか?』

『はい、買われるのだったら今おさえますけど、まだわからないですよねぇ~その後になりますけど・・・』

若干不安が残るものの、四日探して見つからなかった石だし、石を見ないとそう簡単にも商談の決まる石でないからおそらく大丈夫だろう・・・

それからしばらくして、ちょうど三万円くらいの色石を探している別のお客さんから電話があった。

こういうときには、次から次へと商談が入ってきたりするものだ。

石のサイズにこだわったお客さんで、色やテリもこだわって聞いてこられている。

値段は安くても、親切ていねいがモットー!

話に熱がはいります。

途中にキャッチホンがはいる。

こだわりの話に熱が入ってしまって、キャッチホン切り替える前に、音が途絶えた。

こだわりの石の商談が佳境をむかえたとき、もういちどキャッチホンが入る。

さすがに、二回目なので目の前のお客さんに石を送るむねを伝えて、キャッチホンをきりかえた。

そしたらなんとキャッチ失敗!

ダイヤモンドの商談の相手先だった。

こちらから電話をかけてみる。

すると・・・

『さっきのダイヤモンド、電話したときに買うからと伝えたかったけど、電話つながらなかったよ。そしたら、別のところで偶然同じグレードみつかったから、それをおさえたからそっちをキャンセルしたい!』

えっ?なんて言ってるのかな?

自分の耳を疑った。

キャッチホンの合間たったわずか3分。

これで、ダイヤモンドの商談は終わってしまった。

事実だと思いたくなかった・・・

永遠の輝き、ダイヤモンド。

ひとのはなしのつながりも、いとも簡単に消えてしまう・・・

ダイヤモンドは、本当に宝石なのだろうか・・・

まだ、誰も石をみていないというのに・・・

人の話では聞いたこともあったが、まさかこの状況で自分もそうなってしまうとは・・・

これからの時代、秒刻みの早さでこんなビジネスになるのもそう遠くなさそうだ・・・

いやそんな日が近く来るに違いない!

こだわりの三万円の石はいつもより光り輝き、かすかに苦笑いをしながら指先でそううなずいていた・・・
ブログランキング ←RANKING参加しました。一日一回出来ればポチッとしてください♪
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://housekikaituke.blog52.fc2.com/tb.php/35-e6283354
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。