-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-18 22:33 | カテゴリ:光線
宝石を買い付ける時に、ベストな光りのコンディションは、一般的には午前十時くらいから午後三時くらいまでの北光線で見ることがいいとされています。

直射日光の差し込まない北向きの窓側で、白い紙や白いパット、白いトレーのうえに宝石をおいて、宝石の良し悪しをチェックしていくのです。

室内で宝石をみることが、多いので部屋に電気がついていないかどうか基本的なことは絶対忘れないようにしたいものです。

手がこんでいる場所では、電気がついていることを感じさせないようなあかりがついていることもあります。

ランチタイムは日差しが強くなるので、ここはいさぎよくご飯を食べておいた方がいいのでしょう。

安定した光りのもとで、宝石を見ることが大事なんです。

ただ、これはあくまでベストなコンディションのはなしで、いつもベストな環境でみれることには恵まれません。

その日の天気が快晴、晴れ、曇り、雨などによって、光りの明るさはさまざまですから、明るさの違いによって、どんなふうに変わってみえるかをおさえることが大切なことです。

一日のなかでも明るさはさまざまに変わるので、外からのひかりがどんな様子なのかを時々チェックしないといけません。

ついつい、宝石を沢山見ているあいだには、おこたりがちなことですが、これは、宝石の買い付けに失敗しないひとつのコツです。


買い付けのプロは、買い付けの状況によっては、窓の外はこんな環境でも宝石をみているのです。

あとから画面をアップしておきますのでチェックしてください!


ブログランキング ←RANKING参加しました。応援してください♪
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://housekikaituke.blog52.fc2.com/tb.php/3-4d021b2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。