-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-15 12:49 | カテゴリ:ルビー
一般的にピジョンブラッドのルビーが説明されるときに、色が濃いといわれても、ピジョンブラッドが澄んでいるルビーだと強調されていないわけ。

それは、2ctくらい以上の石の大きさにならないと、深みのある赤色で、なおかつ澄んでいるルビーがなかなか存在しないから。
(1ct前後クラスになるとかなり少なくなるし、小さいわりに値段もとても高い。)

これが理由のひとつめ。

2ct以上で、ホントにピジョンブラッドのルビー。
これは、実際にピジョンブラッドを求めているほとんどのお客様が、買えない(買わない)お値段である。

これが理由のふたつめ。

そして、本当のピジョンブラッドは、実際にほとんどないっていうか、多くのジュエリーショップでは、ホントに数少ないかあるいは、持っていない。

これが理由の三つめ。
では、気になるお値段は?

日本のジュエリーショップで、売っているとしたら、2ctクラスの大きさで、ルビーの石だけで300万円以上から400万以上するのは当然!

実際に、買い付けの現場でみつけたピジョンブラッドから、計算するとそうなるのです。
お値段も年々高くなっているような気がします。

そうすると、実際に100万円から200万円くらいでジュエリーショップで売られている2ctアップのピジョンブラッドのルビーって、どんなルビーか?

変な説明かもしれませんが、ひとことでいうと、売買しやすい価格帯のルビーだといえます。
ただ、良くないルビーではありません。
いいルビーだと思います。
ピジョンブラッドに近いはずのルビーと言っておきたいのです。

そのタイプは、三つにわかれています。

タイプ1.
色あいがピジョンブラッドの示す色合いよりも明るくて、透明度は割合高く輝きのあるルビー。

タイプ2.
色あいは、ピジョンブラッドのようですが、透明度は少し低く、色合いが目立つルビー。
タイプ3.
タイプ1.とタイプ2.との中間くらいのルビー。

現物の色や品質、大きさによって値段は、異なりますが、これらを高く取引されている順番に、ならべると、
タイプ1.タイプ3.タイプ2.の順になります。

本当のピジョンブラッドのルビーは、タイプ1.のルビーよりもさらに高く取引されています。

ここで、ピジョンブラッドの定義をわたしなりに説明すると…

色が濃い赤で、色合いには深みがある。
かなり石の透明感にめぐまれていて、やや暗い。
そして、石の表面からの照りと石内部からの輝きとが十分にバランスのとれたものである。

言葉だけで表現すると、不十分だけどこんなニュアンスかも…

そうすると、前回写真をのせたチャンタブリにあるビルマ産のルビーは、タイプ2.とタイプ3.になりますね。

どこまで、お客様と販売するひとたちが、ルビーの魅力の何にこだわるのか?

お値段と品質によっても、いろんなタイプのルビーが、あるのです。

また後日、わたしが厳選した小さなルビーを紹介します~


ルビーは、けっしてあきることはないし…

奥が深い~

ブログランキング ←RANKING参加しました。応援してください♪
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://housekikaituke.blog52.fc2.com/tb.php/16-1833f130
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。