-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-15 12:48 | カテゴリ:ルビー
20060312230109
ピジョンブラッド。

鳩の血の色のように、色の濃いルビーがいいルビーの代名詞といわれていますが、みなさんはどう思いますか?
鳩の血の色ってみたことがありますか?

わたしは、不運にも交通事故で亡骸になった鳩の血しか見たことがありません。

きっと誰もが今の時代、そんな状況でないと鳩の血の色をみる機会がないはず!

それなのに、鳩の血の色がいい色のルビーのたとえになっているなんて、少し現実ばなれしているかと思います。

まあ、実際に、宝石の売り場ではルビーを売る人も、ルビーを買うお客さまも、お互いにそろって、鳩の血の色のように、濃い赤の色のほうが、いいって言っているのをよく聞きます。

でも…

ホントはそれだけじゃあ間違っています!

ピジョンブラッドと俗にいわれているルビーは、赤色が濃いだけではなくて…

なおかつ澄んでいるからなのです。

それでは、何故澄んでいることをいわない(強調しない)のでしょうか?

その訳とはいったい何か?

この続きは、また後日。

写真は、タイのチャンタブリにあるビルマ産のルビー。
2ctクラスのものを買い付けしている様子です。

これは、果たしてピジョンブラッドなのでしょうか?

ブログランキング ←RANKING参加しました。応援してください♪
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://housekikaituke.blog52.fc2.com/tb.php/15-86da63cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。