-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-09-21 14:36 | カテゴリ:買い付け
タイでクーデターが起きた。

タイで商用の計画をそろそろしようとしていたが、当分静観することに決めた。

数年前、パキスタンに宝石を買い付けへ行ったときに、もし一日出国するのが遅れていたら、クーデターに巻き込まれ、しばらく出国不可能になったことを思い出したからだ。

実際に、出国可能になるのは、約1週間後だったと思うが、クーデター直後に出国禁止令が出てからは、それがいつ解除されるかも見通しがつかなかった。

クーデター自体が不測の事態だから、直後にどうなるかなど誰にも予測はつかないはずだが、今回のタイのクーデターは当時のパキスタンのクーデターとかと比べて全く平穏な感じに伝わってくる。

タイとパキスタンでは、勿論クーデターの目的も国家の性質にも大きな違いがあるが、クーデターは、やはりクーデターだ。

クーデターそのものに問題があるので、しばらくのあいだ安心とはいえないと思う。

クーデターがタイの国民や海外からきた在住者に混乱や不安をあたえていることには間違いないし、経済への影響も同様だ。

さて、本題の宝石関連にたいしての影響はどうだろうか?

以下は、あくまで予想でしかないが…

・宝石の輸出入の取引量に影響があらわれ、価格が不安定になるかどうか。

・鉱山の利権関係と今回のクーデターが影響していないかどうか。

このあたりが懸念されるが、多少影響が及んでも大勢にはおそらく問題ないと思う。

それより安価なジュエリーやアクセサリーの方はちょっと問題かもしれない。

・アクセサリーを製造する工場の稼動がどうか?

・その後の輸出スピードに影響がでないか?

・銀などの地金相場が高騰しないかどうか?

タイで仕掛品を持っているところは、今後の計画に頭を痛めているところが既にあると思う。

手ごろな安いジュエリー、アクセサリーはヨーロッパやアメリカ、日本で売られているものはタイで作られているものが意外に多いから販売価格にも影響がでるくるおそれもある。

携わる立場によって問題点は違うが、生産拠点の問題や輸出、仕入れにかかわるまで、今後どうしていけばいいのか末端の小売店まで影響が出そうな気がする。

このタイミングでは、何も書かないで、何も言わないほうが賢明だが、しばらく静観しながらも今後の買い付けの対応策については考えておきたいところだ・・・

クーデターからタイがなによりいち早く平穏な状態に回復することを心から願っています。

P.S.-やっと風邪から回復しました~ご心配をおかけいたしました♪

ブログランキング
ジュエリー・時計人気ブログランキングはこちらから
いつも応援クリックありがとうございます♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。