-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-21 00:43 | カテゴリ:光線
宝石は、室内でみることがほとんどです。

宝石を買い付ける時には、北光線の差し込む窓際で宝石を見ることが通常ですが、必ずしも窓際が北向きとは限りませんし、その日の天候次第で明るさも変わります。

前にも触れましたが、光りの強さに気を配りながら、宝石をみることが大切です。

また、ジュエリーショーなどでは、ハロゲンランプの明かりのしたや蛍光灯下で宝石を見ることがありますので、この点には特に注意しておかなければなりません。

私の場合、デイライト(蛍光灯の種類)でも宝石を見ることに慣れて
いますので、ジュエリーショーで宝石を見るときや買い付けの部屋が暗くなったときには、デイライト(蛍光灯の種類)のしたで見るようにしています。

但し、デイライトにも光りの強さに違いがあるので、注意が必要です。

どんな宝石がどんな明かりのしたで、どのように見えるのか?

また、品質の違いによってはどのようにみえるのか?

これを知らないと、どんな光りのしたで宝石を見比べてもどうしても雑になってしまいます。

いろんな光りの下でどれだけ沢山の宝石をみて、これらの違いを頭のなかにインプット出来ているのか?

謙虚に自分の基準をもつことが宝石の買い付けでは大事なことです。

人間、見ている環境が変わるとどうしてもとまどいを覚えるのは仕方ありません。

このとまどいを必要最小限にして、工夫をこらして宝石をみること
がひとつの買い付けのテクニックなのです。

ブログランキング ←RANKING参加しました。ご投票お願いします♪
スポンサーサイト
2006-02-18 22:33 | カテゴリ:光線
宝石を買い付ける時に、ベストな光りのコンディションは、一般的には午前十時くらいから午後三時くらいまでの北光線で見ることがいいとされています。

直射日光の差し込まない北向きの窓側で、白い紙や白いパット、白いトレーのうえに宝石をおいて、宝石の良し悪しをチェックしていくのです。

室内で宝石をみることが、多いので部屋に電気がついていないかどうか基本的なことは絶対忘れないようにしたいものです。

手がこんでいる場所では、電気がついていることを感じさせないようなあかりがついていることもあります。

ランチタイムは日差しが強くなるので、ここはいさぎよくご飯を食べておいた方がいいのでしょう。

安定した光りのもとで、宝石を見ることが大事なんです。

ただ、これはあくまでベストなコンディションのはなしで、いつもベストな環境でみれることには恵まれません。

その日の天気が快晴、晴れ、曇り、雨などによって、光りの明るさはさまざまですから、明るさの違いによって、どんなふうに変わってみえるかをおさえることが大切なことです。

一日のなかでも明るさはさまざまに変わるので、外からのひかりがどんな様子なのかを時々チェックしないといけません。

ついつい、宝石を沢山見ているあいだには、おこたりがちなことですが、これは、宝石の買い付けに失敗しないひとつのコツです。


買い付けのプロは、買い付けの状況によっては、窓の外はこんな環境でも宝石をみているのです。

あとから画面をアップしておきますのでチェックしてください!


ブログランキング ←RANKING参加しました。応援してください♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。